メールアドレスの取り扱いに関するワンポイントアドバイス

昨今、スパム(迷惑)メールがウェブ上を横行し社会問題となっておりますが、その最善の対策は「ホームページや掲示板等でメールアドレスを公開しないこと」だと考えられております。

一度でもホームページや掲示板等からスパムメール送信元の業者に漏れてしまったメールアドレスは、その後サイト上からメールアドレスを削除してもスパム(迷惑)メールが止まることはなく、メールアドレスがスパム業者からスパム業者に渡り、日に日に被害が拡大していく傾向にあります。

スパム業者が使用する、ウェブ上のメールアドレスを無差別に探索するシステムから逃れる方法として、以下のような記述でメールアドレスを表記する方法があります。

「メール」という文字をクリックすることで「info@domain.com」にメール送信する記述
<a href="#" onclick="var ad1='in'; var ad2='fo'; var ad3='doma'; var ad4='in.com'; location.href='ma'+'ilt'+'o:'+ad1+ad2+'@'+ad3+ad4">メール</a>
指定した画像をクリックすることで「info@domain.com」にメール送信する記述
<a href="#" onclick="var ad1='in'; var ad2='fo'; var ad3='doma'; var ad4='in.com'; location.href='ma'+'ilt'+'o:'+ad1+ad2+'@'+ad3+ad4"><img src="指定画像.gif" border="0"></a>

クリックする対象がメールアドレスその物の場合、スパムロボットはその表記されたメールアドレスを収集するので意味がありません。メールアドレスを表記する必要がある場合は、上記のように画像で表記することをお勧め致します。

また、少し専門的な方法になりますが、テキスト表示のメールアドレスをクリックしてメール送信したい場合は、JavaScriptの「document.write」等で記述したメールアドレスを外部ファイルとして読み込み、そのJavaScriptファイルを「robots.txt」で検索エンジンに巡回されないように(Disallowで指定)する方法があります。(メールアドレスを複数の暗号化されたJavaScriptに分けて読み込めば確実です)

メールアドレスの「@」を全角の「@」や「&#64;」に置き換える等の方法は、最近では全く効果がないとされています。